お金以上の価値がある

自分の好きなものを買うためにアルバイトをする人も多いようです。そこでは、お金をもらえる以上に、色々なことを経験できます。

お金以上の価値がある

お金以上の価値がある

お金を稼ぐということは簡単なことではないということは、大人であればだれでも感じているはずです。
しかし、そのことについて気づき始めたのは、人生の中のどの段階でしょうか。
たいていの場合は、実際に自分で働くようになって、お金を稼ぐということがどのようなことかという点を理解したときでしょう。
もしかしたら、新卒で就職するまで働いたことがなかったという方もおられるかもしれませんが、たいていの場合は、学生時代にアルバイトをした経験を通して、お金を稼ぐということについて学んだ人も多いことと思います。
しかし、学生時代、つまり就労する前にバイトを経験しておくことは、さまざまな意味で益があります。
とくに、お金を稼ぐことに伴って、社会勉強をすることがきますし、人間関係についてさまざまな経験をすることや、その仕事に関わる人たちとのふれあいによって、色々なことを学ぶことができます。
たとえば、介護の世界でのアルバイトをするならば、そこには大変さとうれしさが入り混じっていることでしょう。
基本的には、人を相手にする仕事、しかも弱い状況にある人を相手にして仕事をすることになりますので大変ですが、その中にあって、思いやりを持って接することや、感謝されるときには喜びもひとしおになることと思います。

社会での常識を学ぶ

さらに、アルバイトをすることによって、社会の厳しさをも理解することができます。
ですから、学生時代にアルバイトを経験することには、ただ単に自分の好きなものを自分で買うためにお金を稼ぐだけではなく、世間の常識を知ることができるようになり、さらには社会のルールに従って行動しない場合には、それなりの制裁を受けるという経験をすることによって、甘い考え方が矯正されるでしょう。
たとえば、大学の場合は、遅刻や欠席をしても、ある程度の枠内であれば、それほど影響なく単位を取得することも可能でしょう。
しかし、社会ではそのようにはいきません。
場合によっては、遅刻が原因となってその仕事を失うこともありますし、その分給料が少なくなるというのも、当然の結果としてやってくるでしょう。
実際のところ、雇うには選ぶ権利がありますので、面接にだけ合格すれば、アルバイト先でずっと使ってもらえると考えるのは少し甘すぎるでしょう。
勤務態度に問題がある場合や、時間通りに行動できない、周りの人たちと仲良くできないという場合には、なかなかシフトに入れてもらえなくなる場合や、やがて解雇されてしまうかもしれません。
そのような、厳しい社会の現実を、若いうちに経験しておくことには、非常に大きな意味がありますので、是非その時期を活用してください。
Copyright (C)2014お金以上の価値がある.All rights reserved.